FULL DENTURE

総義歯

総義歯

お口の中の動きを隅々まで再現できる
「上下顎同時印象法」
高精度にして審美性にも優れた総義歯

総義歯の名人とされる先生でも、患者様の口内の型を採るときに、上顎と下顎を別々に行ない、最後に上下を合わせているのが現状です。
現在でもこの方法が主流ですが、これでは上下の義歯がうまく噛み合わないのです。

例えば、ホタテ貝やハマグリなどの貝殻を思い浮かべてください。もともと2枚で一組であり、ほかの貝殻と組み合わせるとちぐはぐしてしまいます。

ホタテ貝

総義歯も同様で、上下別々に型取りするより、上下セットで型取りすることで、噛み合わせの良い、お口に合う総義歯が作れます。これが「上下顎同時印象法」の基本となる考え方です。

総義歯臨床の権威、岡部宏昭技工士と稲葉繁顧問の総義歯研修会でのワンショット。
総義歯臨床の権威、岡部宏昭技工士と稲葉繁顧問の総義歯研修会でのワンショット。

総義歯作りの基本ステップ

最近、ヨーロッパの某歯科関係会社が提案するBPSという総義歯システムが全国で広まっています。
このシステムは最初の参考模型(スタディモデル)を作る際に上下の顎の型をセットで採る方法です。
それに対して、当院の稲葉繁顧問が発案した「上下顎同時印象法」は、最終段階にてセットで型を採る方法です。
しかも、そのまま※フェイスボウ・トランスファーします。非常に合理的であり、テクニカルエラーが少ないのが特長の、BPSの一歩先を進んでいる義歯システムです。
※フェイスボウ・トランスファーとは、頭蓋に対して歯列の位置を決定する重要な作業です。

精密印象(型取り)から義歯作製の流れをご紹介します。

  • 口腔内を立体的に型取りし、お口の中のたくさんの情報を集めます。

    精密印象(型取り)から義歯作製の流れ①
    精密印象(型取り)から義歯作製の流れ②

    患者様には普段食事をしているのと同じ姿勢で、嚥下していただきます。患者様自身の筋肉の圧力によって型を採るため、とても良い状態の記録を採ることができます。

  • 精密な型取りをもとに、専門の歯科技工士が義歯の作製を行ないます。

    精密印象(型取り)から義歯作製の流れ③
    精密印象(型取り)から義歯作製の流れ④
  • 歯科医師による義歯の試適(蝋義歯の適合、噛み合わせ、発音、嚥下、笑顔のチェック)を行ない、最終チェックを経て、噛み合わせが良く患者様のお口に合った義歯が完成します。

    精密印象(型取り)から義歯作製の流れ⑤

「シュトラックデンチャー」とは?

特に下顎の形がほかの義歯と違います。
シュトラックデンチャーは、舌下隙という部位を使用するので、舌の動きを阻害せず、義歯の浮き上がりも抑えられます。
ほかのシステムは義歯の揺れを抑えるために、舌の奥の顎舌骨筋窩までレジン床を延ばします。そのため、大きく口を開けたときに浮き上がることが多く、舌の動きを阻害することがあります。

上の総義歯
下の総義歯
正面の総義歯

上下顎同時印象法

「上下顎同時印象法」により作製する総義歯は、お口の中の情報を細やかに記録しながら再現できるので噛み合わせが良く、外れにくい自然な着け心地を実現します。
材料が良くなっただけで保険診療の義歯とたいして変わらない、というわけではありません。保険診療の義歯とは、下記のような違いがあります。

保険診療の義歯 上下顎同時印象法
価格 1万円前後 90万円~
型取りの種類 基本印象 精密印象
上下顎の型取り 上下別々 上下一対
咬合器付着 平均的な位置 頭蓋に対する位置
噛み合わせの記録 1点法 3点法
義歯 保険内のレジン歯 自費専用の硬質レジン歯
義歯の排列 テンプレートなし テンプレートあり
義歯の外形 一般的な外形 SIデンチャーシステム
義歯の外形 一般的な外形 SIデンチャーシステム
義歯の材質 粗い きめ細かい
義歯の材質 粗い きめ細かい
強度 弱い 強い
義歯の薄さ 厚い 薄い
摩耗 多い 少ない
衛生面 汚れやすい 汚れにくい

適合が良く「噛める」義歯を装着することは、全身の健康に良い影響を与えます。

  • ・よく噛むことで脳血流が良くなる(これは科学的にも証明されており、噛むことは“「脳のジョギング」ともいわれています)。
  • ・よく噛むことで胃腸への負担が軽減し、消化が良くなる。
  • ・唾液がよく出るので、免疫能が高まる。
  • ・唾液が出るようになるので、口腔乾燥予防につながる。
  • ・よく笑うことは、前向きな日常生活につながる。
義歯の効果
義歯の効果
精密な技術で作られたカスタムメイドの総義歯で、口元を若返らせます。
装着前
装着後:義歯を外している横顔と、装着している横顔では印象が違います。
義歯を外している横顔と、装着している横顔では印象が違います。

金属床について

 
金属床義歯の特徴
  • 保険診療の義歯より薄く作ることができる
  • 発音や味覚に必要な部分を薄くすることができる
  • 義歯の強度が上がり、破折や変形を防ぐことができる
  • デンチャープラークが付きにくいので清潔
  • 熱伝導性に優れているので、温度感覚が向上する
  • 食感が良くなる
  • 生体親和性が高い
  • 装着時の嘔吐反射予防
  • 口臭予防

  • コバルトクロム床
    金属床といわれるもののほとんどがコバルトクロム床。薄くて丈夫。
  • チタン床
    軽くて丈夫。金属アレルギーが少ない。インプラントなど体内に使用可能な材料。
  • ゴールド床
    複雑な加工が可能。口腔内の粘膜の色と調和する。生体親和性が高い。

保険診療のレジン床と金属床義歯の厚みの比較
  • ①保険診療のレジン床の厚み:約2.3mm
  • ②金属床の厚み:約0.3mm

例:クレジットカードやポイントカードなどの厚み:約0.8mm

イワンソンキャリパーという測定器具を使用して、実際の義歯の厚みを測定しました。金属床は保険診療のレジン床と比較して8分の1の薄さを実現できます。
レジン床でも薄くすることは可能ですが、保険診療のレジン床は物性が弱いので、破折や変形が起こります。その場合はイボカップシステムをおすすめします(自費診療)。約0.8mmまで薄くすることが可能です。

  • 金属床の総義歯

    装着後のメンテナンス

    装着後のメンテナンス
    新しい総義歯をご使用いただき、お口の中で強く当たるなどの気になるところがございましたら、後日調整を行ないます。
    なお、金属床(床の内側を金属で作製する)をご希望の場合は、数日間の作製期間を要します。

    定期的なメンテナンス

    義歯を長く使っていただくため、定期検診を行ないます。

義歯を小さくしたい
「インプラント併用の義歯」

当院の特殊技術。
インプラントとテレスコープシステムの 組み合わせ治療で義歯をより快適に。

当院では、必要に応じてインプラント治療も行なっております。
患者様の症状に合わせて義歯治療(テレスコープシステム)と組み合わせることで、より快適にお使いいただける義歯のご提案をいたします。

当院の強み

口腔外科を標榜している歯科医院は、近隣に数多くあります。
しかし、口腔外科を歯科医院で安全確実に行なうには、豊富な経験と知識を必要とします。
当院の稲葉智弘院長は、大学病院口腔外科で歯科治療に必要な数多くの手術を行なってきました。

インプラント治療(人工歯根)は、埋入手術から完成まで一貫して精密な治療を行ないます。
より高度な手術の場合、インプラント専門外科医と共に手術を行ないます。

インプラントと義歯の組み合わせ治療について

義歯を支えている歯が少なくなると不安定になるため、義歯を大きくして顎堤粘膜(歯のないところ)で吸着させることが必要となります。
そのため、発音や飲み込みに影響が出る場合があります。
そうした不快症状を少なくするために、最小限の本数のインプラントを埋入し、義歯を安定させることができます。

こんな方におすすめです。

  • ・歯が安定するのであればインプラント手術を受けても構わない方
  • ・できる限り義歯を小さくしたい方
  • ・顎堤(歯のないところ)の骨がしっかりしている方
  • ・義歯が安定しない方

また、当院では下記の大手インプラントメーカーを採用しています。

  • ・ノーベルバイオケア社製インプラント
  • ・デンツプライシロナ社製インプラント

椅子や机と同じように、広い4点支持を作ると義歯はとても安定します。
さらにリーゲルレバーを設置することで、「絶対に外れない」義歯を作ることができます。
その症例をご紹介いたします。

インプラント埋入

インプラント埋入

4点支持を作るため、上顎の○印の部位にインプラントを埋入しました。
広い4点支持により、義歯をさらに安定させることができました。

これで前歯を削らずに残すことが可能になりました。

義歯装着時

義歯装着時

義歯を装着し、リーゲルレバーを閉めれば、食事や会話で外れることはありません。
発音や味覚に必要な部位には金属床を取り付けていません。

義歯装着時
義歯装着時

矢印のリーゲルレバーを開くと、容易に義歯を外すことができます。

義歯装着時

ロケーターを使った症例(上顎)

「インプラントロケーター」というアタッチメント(留め具)を用いた総義歯治療です。
総義歯はインプラントと確実に固定されているので、食事や会話中に外れることはありません。患者様ご自身で取り外すことが可能で、義歯のお手入れも簡単です。
インプラントを埋入する本数も通常2〜4本で負担が少ないのも特徴です。当院では、インプラント義歯以外の方法もご提供できます。

ロケーターを使った症例(上顎)
ロケーターを使った症例(上顎)

当院の歯科衛生士は日本口腔インプラント学会認定歯科衛生士です。
義歯を長く使っていただくために、「テレスコープシステム」およびインプラント治療のメンテナンスは、当院の経験豊富な歯科衛生士と協力して行ないます。

最短3日義歯集中治療
「集中治療プラン」

例)全体で15時間の治療の場合

1回の来院につき、2~3時間診察いたします。
集中的に治療することで、来院回数および全体の治療にかかる期間を短縮するプランです。

以下のような方はぜひご検討ください。

  • 来院可能な曜日が決まっている方
  • できるだけ急いで治療したい方
  • 遠方にお住まいで、通院回数を減らしたい方

※集中治療プランにつきましては、自費診療を受けられる方を対象としております。

総義歯…わずか3日間の集中治療
受診当日まで 患者様とお電話またはメールで打ち合わせをいたします。

<1日目>ご来院、診察
  • 問診
  • 型取り
  • 問診
    患者様の現病歴、既往歴、現症、義歯に関するご希望などを詳しくお伺いいたします。
  • 検査
    上下の顎の状態をX線撮影などで検査いたします。
  • 診断
    上下顎同時印象法による総義歯の適応の可否を最終決定いたします。
  • 説明
    現在の状況、総義歯作製の手順、使用材料の説明などのインフォームドコンセントを行ないます。
  • 契約
    治療契約書、治療承諾書をご提示いたします。
  • 型取り
    参考模型および個人トレー作製のための型取りを行ないます。
<2日目>精密印象(型取り)、義歯の作製
  • 歯科医師による型取り

    • 歯科医師による型取り
    • 歯科医師による型取り

    個人トレーの試適、義歯の高さ、噛み合わせの位置決定

  • 上下顎同時印象法

    • 上下顎同時印象法
    • 上下顎同時印象法

    稲葉繁顧問考案の精密な型取りを行ないます。

  • 歯の選択…患者様の性別

    • 歯の選択…患者様の性別

    顔型、肌の色などを参考に総義歯で並べる歯を選択します。

  • 顔の計測

    • 顔の計測
  • 歯科技工士によるラボワーク

    精密な型取りをもとに、専門の歯科技工士が義歯の作製を行ないます。

    • 歯科技工士によるラボワーク
    • 歯科技工士によるラボワーク
    • 歯科技工士によるラボワーク
    • 歯科技工士によるラボワーク
  • 歯科医師による義歯の試適

    歯科医師による義歯の試適

    蝋義歯の適合、噛み合わせ、発音、嚥下、 笑顔のチェックを行ないます。

<3日目>仕上げ、完成
  • 歯科技工士によるラボワーク

    • 歯科技工士によるラボワーク
    • 歯科技工士によるラボワーク

    最終チェック後の蝋義歯を、特殊な重合システム(イボカップシステムもしくはPVPMシステム)で仕上げます。

  • 研磨、完成

    研磨、完成

    歯科医師による完成義歯の確認、装着
    完成後の総義歯を患者様に装着します。
    適合、噛み合わせ、発音、嚥下、笑顔の最終チェックをして完成です。

    総義歯
    総義歯
    総義歯

女性患者様のケース

総義歯で女性らしさを表現してみました。

女性患者様のケース
女性患者様のケース
女性患者様のケース

義歯を外している横顔と、装着している横顔では印象が違います。

装着前
装着後

装着後のメンテナンス

金属床の総義歯

新しい総義歯をご使用いただき、お口の中で強く当たるなどの気になるところがございましたら、後日調整を行ないます。
なお、金属床(内側を金属で作製する)をご希望の場合は、義歯の作製において数日の期間を要します。

※顔貌写真などの資料提供は、患者様の許可を得て使用しております。

集中治療プラン

午前1名様、午後1名様限定で1回の受診あたり2~3時間の集中治療を行ないます。
全体の治療期間が短縮されます。

集中治療プラン

質問1昔、歯周病がひどかったので骨が痩せてしまい、総義歯が安定しません。大きく口を開けると外れます。何とかなりませんか?

当院の総義歯は、下顎の前方で安定させるのでお口を大きく開けても外れません。
総義歯を安定させられる場所があります。
通常、下顎の場合は舌の付け根近くに義歯を延ばすため、大きく口を開けると持ち上がってしまいます。
当院の総義歯は下顎の前方で安定させるので、お口を大きく開けるほど義歯は外れなくなります。
下顎でも吸着する義歯ができます。
また、「上下顎同時印象法」という方法で患者様の口内の型を採ることで、お口の中の状態を立体的にコピーし、そこにぴったりとはまる義歯を作っています。
この方法は当院の稲葉繁顧問によって発案され、当院でもこの方法を実践しています。

当院の下の義歯。前方で安定させる設計になっています。
当院の下の義歯。前方で安定させる設計になっています。
「上下顎同時印象法」で総義歯を作られた患者様。口を大きく開けても浮き上がりません。
「上下顎同時印象法」で総義歯を作られた患者様。口を大きく開けても浮き上がりません。
質問2今まで何度も総義歯を作りましたが、なかなか噛めません。孫との旅行までに、最短で総義歯を作れますか?
義歯

当院の集中治療プランですと、総義歯を最短3日で完成させることができます。
「上下顎同時印象法」という方法で治療を行ないますので、見た目が良く、噛める総義歯をご提供できます。
適合が良く噛める義歯を装着することは、全身の健康に影響します。

噛める義歯による全身への影響

  1. ・よく噛むことで脳血流が良くなる。これは科学的にも証明されており、噛むことは「脳のジョギング」ともいわれています。
  2. ・よく噛むことで胃腸への負担が軽減し、消化が良くなる。
  3. ・唾液がよく出るので、免疫能が高まる。
  4. ・唾液が出るようになることで、口腔乾燥予防につながる。
  5. ・よく笑うことは、前向きな日常生活につながる。自費診療となりますので、詳しくは当院の無料相談にお越しください。
「上下顎同時印象法」で、総義歯を作られた患者様。笑顔も自然です。
「上下顎同時印象法」で、総義歯を作られた患者様。笑顔も自然です。

CONTACT US

お問い合わせはこちら
お電話での問い合わせ

Mon ~ Fri 9:30~13:00 / 14:30~18:30
(Open until 20:00 on Wednesday)
Sat 9:00~16:00  Closed Sunday and holidays

メールでの問い合わせ

診療時間外や休診日は
お返事が遅れることをご了承ください。

i-dental@kameru-ha.com