MEDIA

メディア

著書・出版物のご案内

1枚の写真ではじまる12人の義歯臨床

歯科専門のデンタルダイヤモンド社より、当院顧問の総義歯に関する本が出版されました。全国で著名な総義歯臨床家12人の中に当院顧問の稲葉繁が選ばれています。
デンタルダイヤモンド社/2010年発刊

予防補綴のすすめ ~シニア世代の健康を支える歯科医療~

患者様との生涯にわたるお付き合いを基本に、しかるべき時期に生涯維持を見通した質の高い補綴治療介入を行ないます。口腔内の環境を整えること。これをメンテナンスによって生涯にわたり維持すること。そして、介護支援が必要になったときに適切な支援の手を差し伸べること。これからの高齢者歯科医療の姿を具体的に提案します。
日本歯科評論/2004年 増刷
稲葉 繁(日本歯科大学教授) 申 基喆(明海大学教授)/ 編著

ストレスフリーの歯科医院づくり

患者様にとって歯科医院はストレスだらけです。治療に伴う痛みや感染に対する不安などのストレスの元を払拭し、できるだけ安心して治療が受けられる環境作りが大切です。一方、保険による制限のため、患者様が満足できる治療が受けられず、医療者もまたより良い医療を行なうことができないという、双方にストレスのかかる状況が続いています。このような歯科医療の現状を患者様に理解していただくことも大切でしょう。本書は、このような歯科医院におけるさまざまなストレスを分析し、これを解消して患者様もスタッフも歯科医師も満足できる診療環境を実現できるよう、あるべき姿を事例とともに示したものです。これからの時代を生き残るためには、快適な診療環境とより良い歯科医療の提供がポイントです。21世紀型の歯科診療、医院経営のあり方を模索している方、現状打破を目指している方におすすめします。
日本歯科評論/2002年 増刷
稲葉 繁(日本歯科大学教授)/ 編著

歯界波

毎年1月に開催されるコサカ学術研修会という開業医向けの講演会で、当院院長の講義内容が掲載されております。
デンタルダイヤモンド社/1998年 発刊

歯科医師の皆様からのご意見

日本歯科評論7月号特集「総義歯難症例への対応」を読んで、全国の歯科医師の皆様からご意見をいただきました。

日本歯科評論(Dental Review)9月号に掲載された内容を転載したものです。
稲葉先生は、上下顎同時印象・咬合採得法を基本にした斬新な技法を紹介されていました。口腔周囲の機能障害をきたしていると考えられる症例に積極的に対応される姿勢には、敬意を表さずにいられません。誌面からも、各種の機能障害を持つ方への対処の経験が豊富であることをうかがわせる記述が、随所に見られました。
日本歯科評論(Dental Review)8月号に掲載された内容を転載したものです。
稲葉先生は、上下顎同時印象を取り入れた義歯作製のシステムを、オーラルディスキネジア・顎関節症・麻痺を持つ総義歯患者に応用した症例について紹介されています。論文の最後にあるとおり、在宅訪問診療などでも応用したいシステムです。
日本歯科評論(Dental Review)8月号に掲載された内容を転載したものです。
稲葉先生には、当時の歯科医師会が主催した誤嚥性肺炎の予防ともなる要介護高齢者の口腔ケア(口腔清掃+口腔リハ)に関する講演会の講師をご紹介いただいたご縁があります。今回の稲葉論文「オーラルディスキネジア・顎関節症・麻痺への対応」では、パーキンソン病に対する抗精神薬の副作用によるオーラルディスキネジアや、顎関節症、そして脳血管障害の後遺症としての片麻痺への対応に最終印象で上下顎同時印象を行なうという、興味深い新システムのご紹介がなされました。

フランス商工会議所の
取材を受けました

2011年9月9日、フランス商工会議所の取材を受けました。

フランス・ジャポン・エコー(FRANCE JAPON ECO)の医療特集に掲載されました
2012年12月のフランス・ジャポン・エコー(FRANCE JAPON ECO)の医療特集で、院長の記事が掲載されました!この雑誌は、エールフランス航空(Air France)の機内誌になっています。年末年始に海外旅行に行かれる方は、ぜひご覧ください!

今回の取材では、日本の医療制度、日本人の歯並びの悪さ、口腔ケアと全身の関係、日本が先進国の中でも薬事認可が遅く規制が多いこと、TPPとこれからの医療といったことについて、私の考えを述べさせていただきました。

開業医ではありますが常に世界に目を向けて、少しでも日本の歯科医療が良くなるよう、このような機会があれば協力していきたいです。同等の記事を以下のオンライン版で閲覧することができます。
フランス・ジャポン・エコーオンライン2012年12月版はこちら
表紙 山中教授 院長掲載欄
在日フランス商工会議所のウェブサイトに掲載されました
CCIFJ フランス語
稲葉歯科医院:フランス人患者のニーズに合った治療を

CONTACT US

お問い合わせはこちら
お電話での問い合わせ

Monday~Friday 9:30~13:00 / 14:30~18:30
(Open until 20:00 on Wednesday)
Saturday 9:00~16:00  Closed Sundays and Holidays

メールでの問い合わせ

診療時間外や休診日は
お返事が遅れることをご了承ください。

メール i-dental@kameru-ha.com