TELESCOPIC DENTURE

ドイツ式義歯

ドイツ式義歯への思い

ドイツ式義歯への思い

テレスコープシステム、すなわち歯の外側にかける金具(クラスプ)を用いず義歯の支えとなる歯を二重冠構造にする方法は、1886年にアメリカはフィラデルフィアの歯科医師Starr R. Walterが最初に発表しました。1920年代以降、ドイツを中心としたヨーロッパの先人によって改良が加えられ、現在の治療体系ができました。130年の歴史があり、ドイツでは代表的な義歯治療です。インプラントの歴史は約50年ですので、その歴史は相当なものです。

一般的な義歯は、支えとなる歯に金属のバネ(クラスプ)を引っ掛けて固定します。噛む力や義歯の重みが歯に直接かかるため、歯の寿命を短くしてしまう場合が多くみられます。
テレスコープシステムの場合は、少し専門的になりますが一次固定もしくは二次固定という概念により、残っている歯全体で義歯を支える仕組みになっています。その結果、1本の歯にかかる負担が少なくなるため、残っている歯を失うリスクを軽減することができます。当然、歯の寿命も伸びますし、義歯も長く使うことができます。

現在、日本では多くの歯科医院でコーヌステレスコープ(コーヌスクローネ)というドイツ式義歯治療を行なっています。以前、コーヌステレスコープの全盛期がありました。しかし、正しい適応症と義歯の設計を理解せずに行なう歯科医院が非常に多く、結果としてテレスコープシステム全体の評判を落としました。非常に悔しい思いです。例えば、コーヌスクローネが適応外の場合、リーゲルテレスコープ、レジリエンツテレスコープなど別の方法があるのです。症例に合わせてそれぞれを使い分ける必要があります。

昭和43年に私の父(稲葉繁顧問)が文京区小石川で歯科医院を開業しておりました。大学教授および高齢者歯科科長としても、多くの患者様の義歯治療を担当してまいりました。また、私の姉が同じく稲葉歯科医院という名前で開業しております。

それぞれの歯科医院や大学病院で、父が長年診てきた多くの患者様が、当院に定期検診で訪れます。中には20年、30年前に作ったテレスコープ義歯を大切にお使いの方もいらっしゃいます。支えとなる歯が駄目になったら初めから作り直さなければならない通常の義歯とは違い、修理ができて長持ちすることも大きな特長です。定期検診を受けながら丁寧に使えば、長きにわたり使用可能な義歯です。

ある程度歯の本数を失ったら、その先も残っている歯を守るためにMaximal Intervention(最大限の介入)で予防補綴を行なうことが推奨されています。予防補綴を達成するためには、現在残っている歯を全て治療対象にする必要があります。ときには積極的に歯を削りテレスコープシステムで治療しますが、「オーバートリートメント(=過剰な治療)」と批判される歯科医師もいます。しかし、長期的に考えれば、最終的には歯の喪失を抑えられ、何度も義歯を作り直す必要もなくなります。

これから何度も義歯を作り直すことはやめて、「最後の義歯治療」になってほしいと願い、当院は全力で義歯治療に取り組みます。また、持病や恐怖心でインプラント治療を受けない方の別の選択肢として、ドイツ式義歯治療をおすすめいたします。

”取り外せる”というメリット

”取り外せる”というメリット
 
  • 何か問題が生じても、お口の外で修理可能である
  • 修理可能なので、何度も義歯を作る必要はなく、長期的に考えると費用対効果に優れている
  • 発音や味覚に必要な部分を薄くすることができる
  • 人工歯の変色、破折、摩耗に関しても新しいものに交換することで白い歯を取り戻すことができる
  • 固定式のブリッジと違い、お手入れが容易である

修理が簡単な場合は、当日のお返しも可能です。数日間お預かりし技工所で修理する場合は、あらかじめ仮歯を用意します。
リーゲルテレスコープは、義歯に鍵が設置してありますので、鍵を閉めてしまえば固定式ブリッジと同様の装着感が得られるのもメリットです。特に上顎の義歯が落ちる心配はありません。

リーゲルテレスコープ

日本の義歯事情・保険診療の義歯

保険診療の義歯は金属のバネ(クラスプ)という装置を用いるのが主流です。クラスプは、カニの爪のような形をしています。それを歯に直接ひっかけるため、ゆっくり時間をかけて残っている歯を揺らしていきます。そして、数年後に歯を失う原因となってしまいます。前歯にかけるクラスプは見た目も悪く、装着感も良くありません。義歯は、ほかの人に装着していることがすぐにわかってしまいます。また、複雑な形をしているので、虫歯や歯周病になりやすいのも欠点です。

 
クラスプ(金属のバネ)
義歯装着
引っかけるため残っている歯にゆっくりと負担をかけている

  • 正面写真

    正面写真

    前歯は保険診療の前装冠(いわゆる差し歯)を装着しています。そこに保険診療の部分義歯がクラスプで固定されています。両側の犬歯にクラスプがかけられているために、差し歯全体を揺らしています。

  • 抜歯後の前歯

    抜歯後の前歯

    残っている歯にかかる負担が強く揺れてしまいました。
    ついに保存不可能になり、抜歯に至りました。
    術者の手でも抜けるほどグラグラしていました。

  • 上の部分義歯

    上の部分義歯

    装着されていた部分義歯です。
    奥歯8本分の力を、わずか2本で支えていました。
    保険診療で作られた義歯ですが、あらゆる制約があるためベストな治療法とはいえません。

    保険診療の義歯は、全国一律の低価格で作れるメリットがあります。
    しかし、個々の口内の状態や感覚は誰でも同じではないことをご理解ください。

受診の流れ(義歯相談から治療契約まで)

  • STEP01

    予約~ご来院

    当院は完全予約制の歯科医院です。あらかじめお電話またはメールで受診予約をお願い申し上げます。
    義歯に関する相談をご希望の患者様は、その旨をお伝えください。
    相談は院長が直接対応いたします。
    ご相談のうえ、ご都合の良いお時間でご予約いたします。
    当院は、けやき並木がきれいな早稲田大学正門へ続く通り沿い(早大通り)にあります。ビルの1階です。
    隣は薬局で、2階は整形外科です。
    ドアを開けると待合室と受付がございます。
    受付にて、受診のご登録ならびに問診表のご記入をお願いいたします。
    何かご質問、ご不安なことがございましたらどうぞお声がけください。
  • STEP02

    初診

    初めての受診ですので、ゆっくりお時間をかけて院長が直接患者様のご希望をお伺いいたします(基本1時間)。
    診療室は個室になっております。
    普段お考えのお悩みを、いくつでも結構ですのでご相談ください。
    その後、患者様のご了解が得られる場合は、精密検査へ進みます。
    模型作製がありますので、次回のご予約をお取りいたします。
    初診
  • STEP03

    精密検査・診断

    まず口腔内写真撮影、レントゲン撮影を行ないます。
    精密検査・診断
    上下の歯列模型を正確に咬合器へ付着するため、フェイスボウ・トランスファーを行ないます。
    上下の歯列模型を正確に咬合器へ付着するため、フェイスボウ・トランスファーを行ないます。
    上下の歯列模型を正確に咬合器へ付着するため、フェイスボウ・トランスファーを行ないます。
    上下の噛み合わせを記録します。
    上下の噛み合わせを記録します。
    咬合器に歯列模型を付着します。
    咬合器に歯列模型を付着します。
    診断用歯列模型のでき上がりです。
    噛み合わせに関する多くの情報が得られます。
    診断用歯列模型のでき上がりです。
    さらに、どのようなイメージの義歯が装着されるのかを模型上でシミュレーションします。
    模型上でシミュレーションします。
    上記以外にエックス線検査、歯周検査、う蝕検査、顎機能検査(下写真)などの必要な検査を行ないます。
    検査を行ないます。
  • STEP04

    プレゼンテーション

    咬合器付着模型と各種検査をもとに資料作成を行ない、後日患者様にプレゼンテーションします。
    現在の口内の状態をお伝えしたうえで、より良い設計の義歯についてご説明いたします。
    ご予算やご要望に合わせて、いくつかのパターンをご提案いたします。
    プレゼンテーション
    プレゼンテーション
  • STEP05

    治療開始

    前回のプレゼンテーションでご納得いただいた内容のもとで、治療契約いたします。
    事前のご説明なしに治療を始めることはありませんので、ご安心ください。
    治療費のお支払いにつきましては、患者様とご相談のうえ、お振込みもしくはクレジットカードをご利用いただけます。また、デンタルローンにつきましては、事前審査通過後の治療開始となりますので、ご了承ください。
    治療開始
 

義歯と認知症予防

義歯と認知症予防

噛むことは「脳のジョギング」ともいわれています。よく噛むことは脳血流量を増加させます。そして、大脳辺縁系の海馬を刺激し活性化させることが科学的に証明されています。海馬は記憶や情緒と深い関係にあり、認知症の方には海馬の萎縮がみられます。

  • ・脳血管性認知症
    血流が悪いと、脳細胞へ十分な酸素と栄養が届かなくなり、脳機能が低下し認知症につながります。認知症全体の約20%がこの症状だといわれています。
  • ・アルツハイマー型認知症
    アミロイドβと呼ばれるタンパク質が蓄積されることで、脳細胞の減少と脳の萎縮が起こります。認知症の大半がアルツハイマー型認知症です。アルツハイマー型認知症を発症する前に海馬の萎縮がみられます。認知症全体の約60%がこの症状に該当するとされています。
  • ・レビー小体型認知症
    レビー小体が脳内に認められ、特有の神経症状とパーキンソン症候群を示します。認知症全体の約20%がこの症状にあたるといわれています。

神奈川歯科大学・山本龍生氏の研究班によれば、歯がほとんどなく義歯を使用していない人のグループは、歯が20本以上残っている人のグループより認知症を発症するリスクが約1.9倍に増加すると報告されています。

高血圧症、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病は認知症発症の危険因子です。動脈硬化が進み、認知症の進行を早めます。食事のバランスが崩れると生活習慣病発症につながります。

  • 義歯の不具合、使える歯がほとんどない
  • よく噛んで食事ができない、噛む回数が減る
  • 食事のバランスが崩れる
  • 生活習慣病の発症につながる
  • 認知症発症につながる

適合が良く、「噛める」義歯を装着することは認知症予防につながります。

いびき・睡眠時無呼吸症候群と義歯治療

  • よく食べる噛める義歯
  • よく動く噛む力が出る義歯
  • よく笑う白くてきれいな義歯
  • よく歌う大きく口を開けても落ちない義歯
  • よく寝る寝ている間も装着できる義歯

これらの行動は、全てお口の健康が関わっています。この中で、睡眠と歯科の関係については広く認知されていません。

  • ・日中の強い眠気や疲労感
  • ・集中力や記憶力の低下
  • ・だるさ、倦怠感
  • ・起床時の頭痛
  • ・朝なかなか起きることができない
  • ・口が乾く

睡眠障害が全身へ悪影響を及ぼすことは以前から知られています。
日常生活、仕事、勉強などに支障をきたし、社会的な問題をはらんでいるともいえます。
これまでにも、睡眠時無呼吸症が原因で重大交通事故が起きています。

就寝中に舌が咽頭方向へ落ちる、下顎が後ろに移動するために上気道の確保が困難になります。これが閉鎖型睡眠時無呼吸症候群(Obstructive Sleep Apnea Hypopnea Syndrome : OSAHS)の原因になります。歯科では、口腔内装置(Oral Appliance:OA)を用いて下顎を前方へ移動することで、上気道の狭窄を防ぐ治療を行ないます。
広範囲な部分義歯や総義歯の方は、下顎を前方に移動して固定する口腔内装置が使用できない場合があります。なぜならば、義歯の上に口腔内装置をはめると義歯が外れてしまうからです。
正しく適合の良い義歯をしないと、睡眠障害を起こす場合があります。
具体的には、

  • ・就寝中に義歯を外すことで口元がゆるみ、口呼吸になる。
  • ・適合の悪い義歯は使わない場合が多く、口元と舌のバランスが崩れて舌が大きくなってしまう。就寝中に舌が咽頭方向へ落ちてしまい、呼吸を妨げる場合がある。
  • ・舌の筋力が弱っている。

現時点では自費診療のため、10,000円(税別)がかかります。
あらかじめご了承ください。

睡眠障害が出ている方は、肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症などメタボリック・シンドロームを合併している場合が多くみられます。睡眠時無呼吸症候群の分類は、閉鎖型、中枢型、混合型の3つに分類されます。よって、睡眠医療を行なっている内科医師、耳鼻咽喉科医師が主導となり治療を進めていきます。

では、歯科医師の役割は何でしょう?医科主治医の診断のもと、口腔内装置が必要となった場合、その作製および歯科治療を任されます。主に閉鎖型睡眠時無呼吸症で、軽症もしくは中等症の方を対象としています。
そのほか、歯科関連の病気として小顎症(下顎後退症)の方に、顎矯正手術で下顎を前方に移動すると、結果として睡眠時無呼吸症候群が改善される場合があります。この手術は、形成外科医師、歯科医師(口腔外科、矯正歯科)が担当します。

下顎を前に移動すると気道が広がり、呼吸が楽になります。この位置で口腔内装置を作製します。一般的な口腔内装置は上下一体型のマウスピースで、顎が一定位置で固定されます(アクチバトール式)。
保険診療の場合はアクチバトール式の口腔内装置を作製します。
自費診療の場合は、上下分離型で特殊なコネクターで連結し違和感を軽減する方法を用います。上下一体型と比較し、ある程度の可動性を有しながら下顎後方移動を防止する機能が備わっています。ドイツのエルコデント社製サイレンサーのパーツを使用します。

口腔内装置について

医科保険医療機関(内科、耳鼻咽喉科など)で検査および診断を受け、歯科への診療情報提供書(紹介状)をお持ちの方は、口腔内装置治療は保険診療となります。作製および治療の価格は、3割負担でおよそ12,000円です(医科検査および治療費は別途。経過観察料、そのほかの一般歯科治療は含まず)。
診療情報提供書をお持ちでない方、いびき・睡眠時無呼吸予防のために口腔内装置の作製を希望する方は、自費診療で40,000円(税別)がかかります。

就寝中に舌が咽頭方向へ落ちる、下顎が後ろに移動するために上気道の確保が困難になります。これが閉鎖型睡眠時無呼吸症候群(Obstructive Sleep Apnea Hypopnea Syndrome : OSAHS)の原因になります。歯科では、口腔内装置(Oral Appliance:OA)を用いて下顎を前方へ移動することで、上気道の狭窄を防ぐ治療を行ないます。
広範囲な部分義歯や総義歯の方は、下顎を前方に移動して固定する口腔内装置が使用できない場合があります。なぜならば、義歯の上に口腔内装置をはめると義歯が外れてしまうからです。
正しく適合の良い義歯をしないと、睡眠障害を起こす場合があります。
具体的には、

  • ・家族から、寝ている時に「いびきがうるさい!」と指摘された
  • ・目覚めが悪い、寝たつもりなのに疲れている
  • ・毎晩の眠りが浅い感じがする
  • ・医科で検査を受けたが、診断がつかなかった
  • ・早く装置を作ってほしい

こうした場合は、自費診療になりますが口腔内装置の作製を行なっています。作製および治療の価格は、税別で40,000円(簡易検査料10,000円+作製料30,000円)です。こちらの口腔内装置は、ドイツエルコデント社製サイレンサーのパーツを用いて作製いたします。
※口腔内装置装着後に症状が改善されない場合は、医科連携医療機関へ紹介する場合があります。

当院は、より新しい簡易検査を受けられる医療機関です。歯科ではまだ全国的に普及していないものです。ご自宅で指先と首元に簡単な装置し、普段と同じように一晩寝るだけで簡単に検査できます。指先の血流量から睡眠時無呼吸を評価し、後日レポートを発行いたします。

装置の特徴
  • ・脳波を使用せずに睡眠・覚醒を識別
  • ・鼻カニューラを使用せずに無呼吸を識別
評価項目
  • ・無呼吸低呼吸指数(AHI)
  • ・呼吸障害指数(RDI)
  • ・酸素飽和度低下指数(ODI)
  • ・覚醒
  • ・REM睡眠
  • ・浅睡眠
  • ・深睡眠
  • ・いびき
  • ・体位

誤嚥性肺炎と義歯の関係

誤嚥性肺炎と義歯の関係

誤嚥とは、食物、唾液、喉の分泌物、胃酸、胃の内容物が誤って肺の中に入ってしまうことをいいます。人は普段から絶妙な嚥下運動で誤嚥を防いでいます。
この誤嚥が原因で肺炎(咳、痰、発熱などの症状出現)になることを誤嚥性肺炎といいます。
日本人の死因は、厚生労働省発表の2012年(平成24年)人口動態統計によると、肺炎は第3位で約12万3000人が死亡しています。そのうち約7割が誤嚥性肺炎といわれています。超高齢社会に突入し、今後も増加傾向にあります。

摂食・嚥下の5期
  • 先行期
    口に食物が入るまでの時期
  • 準備期
    摂取した食物を噛み砕く時期
    歯だけではなく、舌、唇、頬が連動して動くことで食塊を形成できる。食物を味わうのもこの時期である。
  • 口腔期
    食塊を喉に送り込む時期
  • 咽頭期
    喉に送り込まれた食塊を反射的に飲み込む時期
  • 食道期
    食道に入った食塊が胃に送り込まれる時期

食物を認知し、口の中に入れて噛み砕き(準備期)飲み込む行動を、摂食・嚥下といいます。摂食・嚥下についてはマスコミで取り上げられ世間に広まっていますが、その中でも咀嚼(準備期)については義歯と大きく関わっている部分なので、あえてここでは摂食・咀嚼・嚥下と呼びたいと思います。

普段の食事で、食べたくても食べられない状況が続くと食の楽しみを失い、栄養の偏りと食欲低下を引き起こします。普段からお口の周りの筋肉を動かさなくなるので、摂食・咀嚼・嚥下に関わる反射や筋肉の動きが低下します。食事中のむせ込みを気にする方も多いですが、むせ込み=誤嚥ではなく、むせは食物や水が気管に入り込まないようにする自然な防御反応です。しかし、むせのない誤嚥もあり注意が必要です。

誤嚥すると必ず肺炎になるわけではありません。肺炎には、誤嚥した食物や唾液中の細菌量と、体の免疫防御機能が関わっています。
不潔な義歯を装着していると、義歯の表面にデンチャープラークという細菌の塊を形成します。清潔に義歯を装着し、健康なお口の状態を保つことは誤嚥性肺炎予防に大切なのです。
同時に、適合の良い義歯を装着し、お口の周りの筋肉をよく動かすことで、口元が引き締まり、表情が豊かになります。それに追随して、咀嚼嚥下機能に関わる反射や筋力も維持できます。前述の通り、嚥下は食物が口に入る前から始まっています。食の楽しみをいつまでも持ち続けるために、見た目よく、清潔で、噛める義歯をおすすめします。

CONTACT US

お問い合わせはこちら
お電話での問い合わせ

Monday~Friday 9:30~13:00 / 14:30~18:30
(Open until 20:00 on Wednesday)
Saturday 9:00~16:00  Closed Sundays and Holidays

メールでの問い合わせ

診療時間外や休診日は
お返事が遅れることをご了承ください。

メール i-dental@kameru-ha.com