小児歯科│英語・フランス語対応可能 噛み合わせを重視した神楽坂の稲葉歯科医院

小児歯科について - Pediatric Dentistry

虫歯は感染症です

虫歯は感染症ですのイメージ写真虫歯は感染症です。知らないうちに、何らかの原因でお子様のお口の中に感染してしまう可能性があるのです。
乳歯は生後6ヶ月頃から生え始め、2歳6ヶ月頃に20本生え揃います。その後、6歳頃から永久歯へ生え変わり、13歳頃に28本生え揃います(親知らずは別)。

“乳歯の虫歯が多くても、どうせ生え変わるから大丈夫”
ではなく、
“乳歯と永久歯が混在する時期に、虫歯菌が永久歯へ感染してしまう”
可能性が高いのです。

乳幼児期にしっかりと虫歯予防を行っておくと、永久歯に生え変わった後も虫歯になりにくい歯になります。 お子様が中学生、高校生になるにつれて、親が自分の子供の歯磨きをチェックすることは少なくなります。 そのため、お子様が小さい頃から歯科医師、歯科衛生士による定期検診を受け、正しいブラッシングの習慣と口腔ケアの大切さを身につける必要があります。

フッ素塗布の重要性について

フッ素塗布の重要性についてのイメージ写真先進国では、普段から定期的に歯科医院を受診し、フッ素で歯を強化することでむし歯予防を行っております。
フッ素は歯の表面から汚れを付きにくくするコーティングの役割も担っています。

学校歯科検診だけでは不十分です

学校歯科検診だけでは不十分ですのイメージ写真学校歯科検診は大切な行事ですが、大勢の生徒を限られた時間内で診るため、小さな虫歯や歯肉炎を発見できない場合が多いです。

学校歯科検診で発見できるような虫歯は、症状ある程度進行している場合が少なくありません。

キシリトール発祥の国、虫歯予防先進国フィンランドの小学校には、歯科検診専用の診療台が設置されており、明るいライトと専門器材を用いて検診が行われています。現在の日本の学校ではそのような設備がないので、歯科医院での定期検診が必要です。

お子様の歯肉炎について

お子様の歯肉炎についてのイメージ写真

歯茎から血が出る、熟れたリンゴのように腫れている、いわゆる歯肉炎を発症しているお子様が多いです。原因としては、以下のことが上げられます。

  • 歯垢が歯の表面に多く付着しており、正しい歯磨きが行われていないために除去できていない

  • 食事や間食が不規則である

  • 柔らかい食物を好んで食べる

  • 歯並びが悪い

  • 口呼吸である、唇が乾燥している、いつも口をポカッと開けている

  • ご家族の中に、歯周病を発症している方がいる


お子様の歯肉炎についてのイメージ写真

お子様の歯肉炎は、将来の歯周病発症につながります。なぜならば、歯周病も虫歯と同様に感染症です。
歯周病原生菌がお口に入ってきたからと言ってすぐに発症するわけではありません。
歯周病原生菌はいくつかあり、大人になるにつれて、お口の中の細菌の種類は増えていくと言われています。歯周病の多くは主にプラークコントロールが不十分なことが考えられます。プラークは、歯に付着している白色または黄白色で粘着性の沈着物で、多くの細菌と産生物から構成されています。

プラークはお子様の歯にも付着します。日頃の正しい歯磨きでプラーク除去を行うことが大切です。

当院の取り組み

お子様の発育段階やプラークコントロールに合わせて検診の間隔を決定し、有資格者(歯科医師、歯科衛生士)が予防処置や治療を担当します。


う蝕活動性試験(カリエスリスク検査)の実施

う蝕原生菌が作る酸の量で歯を攻撃する力を測定します。簡易検査ですが、お子様の唾液を採取後20分で判定可能です。


無料フッ素歯面塗布の実施

ご自宅で使用する歯磨剤やフッ素ジェルに加えて、歯科医院での定期的なフッ素歯面塗布をお勧めします。フッ素で歯の表面を強化するとともに、プラークが付着しにくくなります。


2種類のシーラントをご用意

小臼歯や大臼歯の咬合面には、小窩裂孔(しょうかれっこう)と呼ばれる溝が存在し、普段の歯磨きで清潔に保つことが難しい場所です。そこは虫歯になりやすいので、シーラントという樹脂を詰めて虫歯予防を行います。保険適応と保険適応外のシーラント施術プランがあります。

  • 診療案内
  • 審美歯科・ホワイトニング
  • 定期検診・メンテナンス
  • 予防歯科
  • 保存歯科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 口腔外科・麻酔
  • 歯列矯正
  • 入れ歯
  • お悩み別メニュー
  • 歯の見た目を美しく、白くしたい
  • お口の健康を維持したい
  • 歯を抜かずに治療したい
  • お子様の歯の健康が気になる
  • 歯を失ってしまった
  • 親知らずや顎が痛い
  • 歯並びが気になる
  • 入れ歯が合わない
  • English page

  • French page

  • Map / 地図

  • 高度入れ歯外来

  • 無痛治療外来

  • オフィシャルブログ

  • ドクターズファイル

  • フランス商工会議所

  • IPSG包括歯科医療研究会

お電話でのお問い合わせはこちら TEL03-6659-5963

お問い合わせ